HOME > サービス利用約款

利用約款

利用約款
[stonebrickオンラインモール利用約款]

第1条(目的)
本約款は、㈱イーマート(以下、「会社」といいます。)運営のstonebrickオンラインモール(以下、「モール」といいます。)が提供するインターネット関連サービス(以下、「サービス」といいます。)を利用するにあたって、モールとユーザの権利・義務・責任事項を規定することを目的とします。

第2条(定義)
① 「モール」とは、会社が財貨又はサービス(以下、「財貨等」といいます。)をユーザに提供するために、コンピュータなど情報通信機器を利用し、財貨又はサービスを取引することができるように設定した仮想の営業場のことをいいます。また、サイバーモールを運営する事業者の意味としても使われます。
② 「ユーザ」とは、「モール」にアクセスし、本約款により「モール」が提供するサービスを受ける会員及び非会員のことをいいます。
③ 「サービス」とは、「モール」がインターネットのウェブサイトやモバイルアプリ内で本契約第4条で定めた内容の業務によりユーザに提供するインターネット関連の有形・無形の行為などをいいます。
④ 「会員」とは、「モール」で会員登録を行った者で、「モール」が提供するサービスを継続して利用できる者を指します。
⑤ 「非会員」とは、会員登録せず、「モール」が提供するサービスを利用する者を指します。

第3条(約款などの明示・説明・改正)
①「モール」は本約款の内容、商号、代表者氏名、営業所の住所(消費者の苦情を処理することができる場所の住所を含む)、電話番号、ファックス送信番号、電子メールアドレス、事業者登録番号、通信販売業申告番号、個人情報保護責任者などを、ユーザが簡単に分かるよう「モール」のホーム画面(全面)に掲載します。ただし、利用約款の内容は、接続画面に表示することができます。
②「モール」はユーザが利用約款に同意する前に、利用約款に定められた内容のうち、申込撤回・配送の責任・払い戻し条件など、重要な内容をユーザが理解できるように、別の接続画面又はポップアップ画面などでユーザの確認を求めなければなりません。
③「モール」は「電子商取引等での消費者保護に関する法律」、「約款の規制に関する法律」、「電子文書及び電子取引基本法」、「電子金融取引法」、「電子署名法」、「情報通信網利用促進及び情報保護等に関する法律」、「訪問販売等に関する法律」、「消費者基本法」など、関連法に違反しない範囲で本約款を改正することができます。
④「モール」が本約款を改正する場合には、 適用日・改正理由を明示し、現行約款と共に、モールの初期画面に変更された規約を適用しようとする日(以下、「効力発生日」といいます。)の7日前から適用日の前日まで、通知します。
但し、約款の内容をユーザにとって不利に働くよう変更する場合には、少なくとも30日以上の猶予期間を設け、通知します。その場合、「モール」は改正前の内容と改正後の内容を明確に比較し、ユーザが分かりやすいように表示します。
⑤「モール」は、前項に基づき改正規約を通知する際、会員に対し30日の期間内に意思表示をしない場合、改正に同意する意思表示があるものとみなすという旨を明確に知らせたにもかかわらず、会員がモールに対して明示的に拒否の意思表示をしない場合には、会員が改正規約に同意したものとみなします。
⑥会員がモールの改正された約款に同意しない場合には、「モール」は改正約款の内容を当該会員に適用することができず、この場合、会員は利用契約を解約することができます。変更された約款の効力発生日以降もサービスを利用する場合、約款の変更事項に同意したものとみなされます。
⑦本約款における定めのない事項と本約款の解釈については、電子商取引など消費者保護に関する法律、約款の規制等に関する法律、公正取引委員会が定める電子商取引など消費者保護ガイドライン及び関係法令または商慣習に従います。

第4条(サービスの提供及び変更)
①「モール」は以下のようなサービスを行います。
1. 財貨又はサービスに対する情報提供及び購入契約の締結
2. 購入契約が締結された財貨又はサービスの配送及び提供
3. 当該財貨又はサービスに対するユーザへの応対及び処理
4. その他「モール」が定める業務
②「モール」は財貨又はサービスの品切れ又は技術的な仕様の変更などの場合、将来締結される契約により提供する財貨又はサービスの内容を変更することができます。この場合、変更された財貨又はサービスの内容及び提供日を明示の上、直ちに現在の財貨又はサービスの内容を掲載したところに通知しなければなりません。
③「モール」が提供するユーザと契約を締結したサービスの内容を、財貨などの品切れ又は技術的仕様の変更等の理由により変更する場合には、その事由をユーザの通知可能な住所へ直ちに通知します。
④前項の場合、「モール」はこれによりユーザが被った損害を賠償しなければなりません。但し、「モール」に故意又は過失がないことを立証する場合には、その限りではありません。

第5条(サービスの中断)
①「モール」は、コンピュータなど情報通信設備の保守点検・交換及び故障、通信の障害などの事由が発生した場合には、サービスの提供を一時的に中断することができます。
②「モール」は第1項の事由によりサービスの提供を一時的に中断し、それによりユーザが被る損害に対し、賠償します。ただし、「モール」に故意又は過失がないことを立証した場合には、その限りではありません。
③事業種目の転換、事業の放棄、企業間の統合などの理由でサービスを提供することができなくなる場合には、「モール」は第8条による方法でユーザに通知し、当初「モール」が提示した条件に基づき消費者に補償を行います。但し、「モール」が補償基準などを告知していない場合には、ユーザのマイレージ又は積立金のなどを、「モール」で通用する通貨価値に相当する現物又は現金でユーザに支給します。

第6条(会員登録)
①ユーザは「モール」が定めた登録様式に沿って会員情報を記入し、本約款に同意するという意思表示をした後、会員登録を申請します。
②「モール」は第1項のように会員登録を申請したユーザが以下の各号に該当しない限り、会員として登録します。
1.登録申請者が本約款第7条第4項により、以前、会員資格を喪失したことがある場合。但し、第7条第4項による会員資格喪失後3年が経過した者で「モール」から会員の再登録の承諾を得た場合には、例外とする。
2.登録内容に虚偽、記載漏れ、誤記がある場合
3.会員登録申請日現在、満14歳未満の場合
4.社会の安寧・秩序・公序良俗を害する目的で申請した場合
5.その他会員として登録することが「モール」の技術上、著しく支障をきたすと判断され、又は「モール」所定の利用申請要件を満たしていない場合
③会員登録契約の成立時期は、「モール」の承諾が会員に到着した時点とします。
④登録申請様式に記載するすべてのユーザ情報は、真実のデータであると見なされます。実名や実際の情報を入力していないユーザは、法的保護を受けることができず、サービスに制限が生じることがあります。
⑤会員は会員登録の際に登録した事項に変更がある場合、直ちにE-mailやその他の方法により「モール」にその変更事項を通知しなければなりません。「モール」に通知しなかったことにより発生する一切の不利益に対し、モールは責任を負いません。

第7条(会員退会及び資格の喪失など)
①会員は「モール」にいつでも退会を要請することができ、「モール」は、直ちに会員退会を処理します。
②会員が以下の各号の事由に該当する場合、「モール」は会員資格を制限・停止させることができます。
1.登録申請又は情報変更の時に虚偽の内容を登録した場合
2.「モール」を利用して購入した財貨などの代金、その他「モール」の利用に関連して会員が負担する債務を期日までに支払わなかった場合
3.他人の「モール」の利用を妨害し、又は他人の情報を盗用するなど電子商取引の秩序を脅かした場合
4.サービスの運営を故意に妨害した場合
5.情報通信設備の誤作動や情報などの破壊を誘発するコンピュータウイルスプログラムなどを流布した場合
6.情報通信設備の誤作動、エラー現象などを利用し、異常な方法により「モール」を利用した場合
7.他人の個人情報、ユーザID・パスワードを不正利用した場合
8.「モール」のサービス情報を利用して取得した情報を「モール」の事前承諾なしに複製又は流通させ、或いは商業的に利用した場合
9.「モール」を利用して法令又は本約款が禁止し、或いは公序良俗に反する行為を行った場合
③「モール」が会員資格を制限・停止させた後、同じ行為が2回以上繰り返され、又は30日以内にその事由が是正されない場合、「モール」は会員資格を喪失させることができます。
④「モール」が会員資格を喪失させる場合には、会員登録を抹消します。この場合、会員にその旨を通知し、会員登録の抹消前に少なくとも30日以上の期間を設けて釈明の機会を与えます。

第8条(会員への通知)
①会員に通知を行う場合、「モール」は会員があらかじめ定めたE-mailアドレス及び登録時に登録した情報に記載された手段により行うことができます。
②「モール」は、不特定多数の会員への通知の場合、1週間以上「モール」の掲示板に掲示することで、個別通知に代えることができます。但し、会員本人の取引に関連し、重大な影響を与える事項については、個別通知を行います。

第9条(購入申請及び個人情報提供の同意など)
①「モール」のユーザは「モール」上で以下、又は以下に類似した方法により購入を申請し、「モール」はユーザが購入申請を行う上で以下のそれぞれの内容を分かりやすく提供しなければなりません。
1.財貨などを検索・選択
2.受取人の氏名、住所、電話番号、E-mailアドレス(又は携帯番号)などを入力
3.約款内容、申込撤回権が制限されるサービス、配送料、設置費などの費用負担に関する内容を確認
4.本約款に同意し、上記3号の事項について、確認又は拒否を表示
(例、マウスでクリック)
5.財貨などの購入申請及びこれに関する確認、又は「モール」の確認について同意
6.決済方法を選択
②「モール」が第三者に購入者の個人情報を提供する必要がある場合、1)個人情報の提供を受ける者、2)個人情報の提供を受ける者の個人情報利用目的、3)提供する個人情報の項目、4)個人情報の提供を受ける者の個人情報の保持・利用期間を購入者に知らせ、同意を受ける必要があります。(同意を受けた内容に変更が生じる場合も同様です。)
③「モール」が第三者に購入者の個人情報を扱うことができるよう、業務を委託する場合には、1)個人情報取り扱いの委託を受ける者、2)個人情報の取り扱いを委託する業務内容を購入者に知らせ、同意を得る必要があります。(同意を受けた内容に変更が生じる場合も同様です。)但し、サービス提供に関する契約履行のために必要で、購入者の利便性向上に関係する場合には、「情報通信網利用促進及び情報保護等に関する法律」で定められた方法により個人情報取扱方針により通知する場合、通知手続きと同意手続きを行う必要はありません。

第10条(契約の成立)
① 「モール」は第9条のような購入申請について、以下の各号に該当する場合、承諾しないことがあります。
1.申請内容に虚偽、記載漏れ、誤記がある場合
2.未成年者がタバコ、酒など青少年保護法で禁止されている財貨及びサービスを購入する場合
3.その他購入申請に承諾することが「モール」の技術上、著しく差支えがあると判断した場合
②「モール」の承諾が第12条第1項の受信確認通知の形でユーザに到達した時点で、契約が成立したものとします。
③「モール」の承諾の意思表示には、ユーザの購入申請の確認、販売可能かどうか、購入申請の訂正・キャンセル等に関する情報などが含まれていなければなりません。

第11条(支払方法)
「モール」で購入した財貨又はサービスの支払い方法は、以下の各号の方法のいずれかの、利用可能な方法で行うことができます。ただし、「モール」はユーザの支払い方法について財貨などの代金にどのような名目の手数料も追加して徴収することができません。
1.プリペイドカード、デビットカード、クレジットカード等、各種カードによる決済
2.オンラインの振込み
3.「モール」と契約を結んだか、「モール」が認めた商品券による決済
4.その他関係法令又はモールのポリシーに基づいて許可されており、事前告知した支払い方法

第12条(受信確認の通知・購入申請の変更・キャンセル)
①「モール」はユーザの購入申請があった場合、ユーザに受信確認の通知をします。
②受信確認の通知を受けたユーザは、意思表示の不一致などがある場合、受信確認通知を受けたら、すぐに購入申請の変更及びキャンセルを求めることができ、「モール」は配送前にユーザから要請があった場合、遅滞なくその要求に応じ、処理しなければなりません。但し、すでに代金を支払った場合には、第15条の契約撤回などに関する規定に従います。

第13条(財貨などの供給)
①「モール」はユーザと財貨などの供給時期について別途の約定がない限り、ユーザが申込みをした日より7日以内に財貨などを配送することができるよう、注文製作、包装など、その他必要な措置を取ります。但し、「モール」がすでに財貨などの代金の全部又は一部を受け取った場合、代金の全部又は一部を受け取った日より3営業日以内に措置を取ります。この時、「モール」は、ユーザが財貨などの供給手続き及び進行状況を確認することができるよう、適切な措置を取ります。
②「モール」はユーザが購入した財貨の配送手段、手段別送料用負担者、手段別配送期間などを明示します。もし、「モール」が約定配送期間を超過した場合、それによるユーザの損害を賠償しなければなりません。但し、「モール」に故意又は過失がないことを立証した場合には、その限りではありません。

第14条(払い戻し)
「モール」はユーザが購入申請した財貨などが品切れ等の事由により、引き渡し・提供ができないときは、遅滞なくその理由をユーザに通知し、事前に財貨などの代金を受け取った場合には、代金を受け取った日より3営業日以内に払い戻し、又は払い戻しに必要な措置を取ります。

第15条(申込の撤回など)
①「モール」と財貨などの購入に関する契約を締結したユーザは、「電子商取引などでの消費者保護に関する法律」第13条第2項に基づき、契約内容に関する書面を受け取った日(その書面を受け取った時よりも財貨などの供給が遅れた場合には、財貨などの供給を受けた日、又は財貨などの供給が開始された日を指します)より7日以内には、申込を撤回することができます。但し、申込の撤回について「電子商取引などでの消費者保護に関する法律」に別段の定めがある場合には、同法の規定に従います。
②ユーザは、財貨などを受け取った場合、以下の各号のいずれかに該当する場合には、返品・交換することができません。
1.ユーザに責任がある事由により、財貨などが滅失、又は損傷を受けた場合(但し、財貨などの内容を確認するために包装などを毀損した場合には、申込を撤回することができます。)
2.ユーザの使用又は一部の消費により財貨などの価値が著しく減少した場合
3.時間の経過により再販売が困るほど財貨などの価値が著しく減少した場合
4.同じ性能を持った財貨などで複製可能な場合、その原本である財貨などの包装を毀損した場合
③第2項第2号乃至第4号の場合、「モール」が事前に申込の撤回などが制限されているという事実を消費者が容易に知ることができる場所に明記するか、或いは試用商品を提供するなどの措置を取っていなかった場合、ユーザの申込の撤回などは制限されません。
④ユーザは第1項及び第2項の規定にかかわらず、財貨などの内容が表示・広告内容と異なり、又は契約内容と異なって履行されたときは、当該財貨などを受け取った日より3か月以内に、その事実を知った日又は知ることができた日より30日以内に、申込の撤回などを行うことができます。

第16条(申込の撤回などの効果)
①「モール」はユーザから財貨などの返品を受けた場合、3営業日以内に既に支払いを受けた財貨などの代金を払い戻します。この場合、「モール」がユーザに財貨などの払い戻しを遅延したときは、その遅延期間について、「電子商取引などでの消費者保護に関する法律施行令」第21条の3で定める遅延金利を乗じて算定した遅延利息を支払います。
②「モール」は、上記代金を払い戻すにあたり、ユーザがクレジットカード又は電子マネーなどの決済手段で財貨などの代金を支払ったときは、遅滞なく、当該決済手段を提供した事業者に対し、財貨など代金の請求の停止又はキャンセルを依頼します。
③申込撤回などの場合、供給を受けた財貨などの返還に必要な費用は、ユーザが負担します。「モール」はユーザに申込の撤回などを理由に違約金又は損害賠償を請求しません。但し、財貨などの内容が表示・広告内容と異なったり、契約内容と異なって実施され、申込の撤回などを行った場合、財貨などの返還に必要な費用は「モール」が負担します。
④ユーザが財貨などの提供を受けたとき、送料を負担した場合には申込の撤回時、「モール」はその費用を誰が負担するかユーザが分かりやすいよう、明確に表示します。
⑤実際、「モール」の払い戻しは商品の返品が確認された後に行われます。
⑥ユーザの単なる心変わりによる交換・返品の場合、往復の送料はユーザが負担します。
⑦お肌のトラブルに起因する返品の場合、送料はユーザ負担であり、商品の受領後、30日以内に返品を申し込まなければなりません。但し、皮膚科医の診断書が添付された場合、関連の諸費用はユーザが負担し、送料は「モール」が負担するか、化粧品やお肌のトラブルとの間にかなりの因果関係が認められた場合、又は疾患の治療目的の場合には、診断書の発行費用を「モール」が負担します。
⑧ユーザの不在または受取人の住所不明により搬送され、再配送された場合は、送料はユーザが負担します。
⑨返品の際にユーザは、プロモーションによる景品、贈答品をすべて返却しなければならりません。ユーザが景品を使用した場合、「モール」はその金額を差し引いて支払うことができます。但し、「モール」に責任がある事由による返品の場合には、その限りではありません。

第17条(個人情報の保護)
①「モール」はユーザの個人情報を収集する際、サービスの提供のために必要な範囲で最低限の個人情報を収集します。その際には以下の事項が必須事項となり、その他は選択事項となります。
1. 氏名
2. 住所
3. 電話番号
4. 希望のID(会員の場合)
5. パスワード(会員の場合)
6. E-mailアドレス(又は携帯番号)
②「モール」は会員登録時に購入契約の履行に必要な情報を事前に収集しません。但し、関連法令上の義務を履行するために購入契約前に本人確認が必要な場合、最低限の特定の個人情報を収集する場合には、その限りではありません。
③「モール」はユーザの個人情報を収集・利用するときは、当該ユーザにその目的を通知し、同意を受けます。
④「モール」は、収集した個人情報を目的以外の用途に利用することができず、新たな利用目的が発生した場合、又は第三者に提供する場合には、利用・提供の段階で当該のユーザにその目的を通知し、同意を得ます。但し、以下の場合、及び関連法令に別段の定めがある場合は例外とします。
1.配送業務上、配送業者に配送に必要な最低限のユーザ情報(氏名、住所、電話番号)を知らせる場合
2.統計の作成、学術研究、又は市場調査のために必要な場合で、特定の個人を識別できない形で提供する場合
3.財貨などの取引に伴う代金の精算のために必要な場合
4.個人情報の盗用を防止するために本人確認が必要な場合
5.法律の規定又は法律によって必要な、やむを得ない事由がある場合
⑤「モール」が第3項及び第4項によりユーザの同意を得なければならない場合には、個人情報管理責任者の身元(所属、氏名、電話番号、その他の連絡先)、情報の収集目的及び利用目的、第三者に対する情報提供の関連事項(提供を受ける者、提供目的及び提供する情報の内容)など、「情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律」第27条の2で規定された事項をあらかじめ明示し、又は告知する必要があり、ユーザはいつでもその同意を撤回することができます。
⑥ユーザは、いつでも「モール」が保有するご自分の個人情報に対して閲覧・間違いの訂正を求めることができます。「モール」は、これに対し、遅滞なく必要な措置を取る義務があります。ユーザが間違いの訂正を求めた場合には、「モール」は、その間違いを訂正するまで、当該個人情報を利用しません。
⑦「モール」は個人情報保護のためにユーザの個人情報を扱う者を最小限に制限しなければならず、クレジットカード、銀行口座などを含むユーザの個人情報の紛失・盗難・流出・同意のない第三者への提供、偽変造などに起因するユーザの損害に対し、すべての責任を負います。
⑧「モール」又はモールから個人情報の提供を受けた第三者は、個人情報の収集目的又は提供を得た目的を達成したときは、当該個人情報を遅滞なく破棄します。
⑨「モール」は、個人情報の収集・利用・提供に関する同意欄を、事前に選択したものとして設定しません。また、個人情報の収集・利用・提供に関するユーザの同意を拒否した場合、制限されるサービスを具体的に明示し、必須収集項目ではない個人情報の収集・利用・提供に関するユーザの同意拒否を理由に、会員登録などサービスの提供を制限し、又は拒否しません。

第18条(「モール」の義務)
①「モール」は法令と本約款が禁止し、又は公序良俗に反する行為をしません。さらに、本約款の定めるところにより持続的で、かつ安定的に財貨・サービスを提供するために最善を尽くさなければなりません。
②「モール」はユーザが安全にインターネットサービスを利用できるよう、ユーザの個人情報(クレジット情報を含む。)保護のためのセキュリティシステムを備えなければなりません。
③「モール」が商品やサービスに対し、「表示・広告の公正化に関する法律」第3条所定の不当な表示・広告行為を行うことによりユーザが損害を被ったときは、それを賠償する責任を負います。
④「モール」はユーザが望まない営利目的の広告性E-mailを送信しません。

第19条(会員のID及びパスワードに関する義務)
①第17条の場合を除き、IDとパスワードの管理責任は会員にあります。
②会員はご自分のID及びパスワードを、第三者に利用させてはなりません。
③会員がご自分のID及びパスワードを盗まれ、又は第三者が利用していることを認知した場合には、直ちに「モール」に通知し、「モール」の案内がある場合には、それに従わなければなりません。
④「モール」は会員が第2項、第3項に違反して会員に生じた損害については、責任を負いません。

第20条(ユーザの義務)
①ユーザは以下の行為をしてはなりません。
1.申請、又は変更の際に虚偽の内容を登録
2.他人の情報を盗用
3.「モール」に掲示された情報を任意に変更
4.「モール」の定めた情報以外の情報(コンピュータプログラムなど)などを送信・掲示
5.「モール」、その他第三者の著作権など知的財産権を侵害
6.「モール」、その他第三者の名誉を損傷し、又は業務を妨害する行為
7.わいせつ又は暴力的なメッセージ、画像、音声、その他公序良俗に反する情報をモールに公開・掲示する行為
②ユーザは、会員登録の申請又は会員情報の変更時、実名ですべての事項を事実に基づいて作成しなければならず、虚偽又は他人の情報を登録する場合、一切の権利を主張することはできません。
③ユーザは、本約款が規定する事項とその他「モール」が定めた諸規定など、「モール」が通知する事項及び関係法令を遵守しなければならず、その他「モール」の業務及びモール運営の妨げとなる行為、 「モール」の名誉を傷つける行為をしてはなりません。
④ユーザは、住所、連絡先、E-mailアドレスなどの情報が変更された場合、これを遅滞なく「モール」に通知し、通知しないことにより発生する一切の不利益に対し、「モール」は責任を負いません。
⑤ユーザは、「モール」の事前承諾なしにサービスを利用し、営業活動を行ってはならず、その営業活動の結果について「モール」は責任を負いません。また、ユーザは、このような営業活動のために「モール」が損害を被った場合、「モール」に対して損害賠償の義務を負い、「モール」はそのユーザのサービス利用制限や適法な手続きにより損害賠償などを請求することができます。

第21条(ポイントの積立及び使用)
①「モール」は、ユーザが「モール」で積立及び使用できる専用のポイント、第三者とのポイント制度の提携など(以下、「ポイント」といいます。)、「モール」のポリシーに基づき、ポイント制度を運営することができます。
②「モール」がポイント制度を運営する場合、ポイントの積立、使用、消滅、削減などポイント制度の運営に必要な事項をモールで事前に通知し、それに応じてポイント制度を運営します。
③「モール」は、経営環境の変化、営業ポリシーの変更等、必要があると判断した場合、ポイント制度に関する事項を変更することができます。但し、この場合、第3条の規定による約款変更に準じて変更します。

第22条(リンクする「モール」とリンクされる「モール」との関係 )
①上位の「モール」と下位の「モール」がハイパーリンク(例:ハイパーリンクの対象には文字、画像、動画などが含まれます。)の方式などでリンクされた場合には、前者をリンクする「モール」(ウェブサイト)といい、後者をリンクされる「モール」(ウェブサイト)といいます。
②リンクする「モール」はリンクされる「モール」が独自で提供する財貨などによりユーザと行う取引について、保証責任を負わない旨を、リンクする「モール」の初期画面又はリンクされる時点のポップアップ画面で明示した場合には、その取引の保証責任を負いません。

第23条(著作権の帰属及び利用制限)
①「モール」が作成した著作物の著作権、その他知的財産権は「モール」に帰属します。
②ユーザは、「モール」を利用することで得た情報の内、「モール」に知的財産権が帰属する情報を「モール」の事前承諾なしに複製・送信・出版・配布・放送、その他の方法により営利目的で利用し、又は第三者に利用させてはなりません。
③「モール」は約定に基づきユーザに帰属する著作権を使用する場合、当該ユーザに通知しなければなりません。
③ユーザがサービスの画面内に掲示した書込みの著作権は投稿したユーザに留保されますが、「モール」はユーザのモール内の書込みについて、サービスの運営・展示・送信・配布・広報の目的で会員の許可を得ることなく無償でモール運営の範囲内で利用することができます。
④「モール」はユーザの書込みが法令に違反し、又は公序良俗・モールの運営方針に反し、或いは第三者の権利を侵害する場合には、当該書込みをモールから削除するなど、必要な措置を取ることができます。

第24条(情報提供)
①「モール」は、サービス利用上必要とされる各種情報について、ユーザにE-mail又は郵便などの方法により会員の同意を得た上で、会員に提供することができます。
②「モール」はサービスの改善やユーザ向けサービスの紹介などの目的で、ユーザの同意の下、追加の個人情報を求めることができます。

第25条(紛争の解決)
①「モール」はユーザが提起する正当な意見や不満を反映し、当該被害の補償処理のために被害補償処理機構を設置・運営します。
②「モール」はユーザから提出を受けた苦情及び意見は、優先的にその事項を処理します。但し、迅速な処理が困難な場合には、ユーザにその事由と処理日程を直ちに通報します。
③「モール」とユーザとの間で発生した電子商取引上の紛争と関連し、ユーザの被害救済申請がある場合には、公正取引委員会又は市・道知事が依頼する紛争調停機関の調停に従うことができます。

第26条(裁判の管轄及び準拠法)
① 「モール」とユーザとの間に発生した電子商取引上の紛争に関する訴訟は、提訴当時のユーザの住所によります。住所がない場合には、居所を管轄する地方裁判所で行います。但し、提訴当時におけるユーザの 住所又は居所が明らかでない場合、或いは外国に居住している場合には、民事訴訟法上の管轄裁判所に提起します。
② 「モール」とユーザとの間に提起された法的紛争は、大韓民国の法律が適用されます。

附則

1. 本約款は2019年01月01日より適用されます。
商号:㈱イーマート
代表取締役:イ・ガプス
事業者登録番号:206-86-50913 事業者情報確認 >
通信販売業申告番号:2011-ソウル城東-0345
住所: ソウル特別市 城東区 トゥクソムロ377

TODAY VIEW

0/2
ヘッダーへ移動